TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
忘れかけていた大事なこと
FH010035_convert_20110922152145.jpg

小学校一年の時に引越しをして、人見知りの私は新しい学校にはすぐ馴染めなかった。
そんな時お隣に住む○○ちゃんとは自然と仲良くなれて毎日のように遊んでいた。
私より3つくらい年上の子だったけどそんな事は全く感じず。
家族ぐるみで仲が良かった。
○○ちゃんのお姉ちゃんも本当のお姉ちゃんのようで。
お互いの家族でキャンプに行ったり旅行をしたり週一回は家で一緒にご飯を食べたり。


小・中・高ずーっとそんなだった。

○○ちゃんが結婚をし家を出て、お姉ちゃんも私の兄も家を出て。
私自身も一人暮らしのため家を出て、自然と連絡を取らなくなっていった。

連絡先が変わっても特に知らせていなかったしこのまま時は過ぎてゆくのだろうと思っていた。



今回大事な節目をお知らせしたいと思って○○ちゃんにメールをしたら変わっていて送れなかった。
お姉ちゃんには送れて報告したら本当に嬉しく思ってくれてなんか嬉しくて・・・
お姉ちゃんにアドレスを教えてもらって○○ちゃんにメールしたら、私のメアドが不通になってたから
気になっていたんだって。
私が連絡をしなかったからだ。

なんかだめだな私って思った。

○○ちゃんとお姉ちゃんの上の子供はもう三年生だって聞いてびっくりするとともに
私たちがちょうど毎日一緒にいた頃と同じ歳、の子の親なんだって思うとなんだか感慨深い。




本当に大切な人との繋がりは時間が経っても壊れないんだって思えた。
そしてもうこれから作ることはできない幼なじみを大事にしていこうって思った。


スポンサーサイト
[2011/11/06 01:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<師走 | ホーム | 石垣島 ご☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://y844407.blog91.fc2.com/tb.php/66-63ab27a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。